(in Japanese) bGeigie "how to" videos

Volunteer Kiki Tanaka has posted several short YouTube videos showing how to use the bGeigie Nano. They’re in Japanese only (accessible from the Japanese side of this blog), but we hope to have English language versions up soon as well. Meanwhile, check out Sean’s “how to” video HERE. セーフキャストが開発した組立式放射線計測機器 bGeigie Nano(ビーガイギーナノ) の使い方が簡単にわかるよう、ビデオで説明しました。 bGeigie Nano 基本説明…

Continue Reading "(in Japanese) bGeigie "how to" videos" »

Safecast year anniversary event, Shibuya

On March 25th we held a one year anniversary event in Shibuya, Tokyo to discuss the last year of work by Safecast and what we had planned for the coming year. Here are some photos from that event. All photos by Stig Bjorge 3月25日(日)に、東京・渋谷で、セーフキャストの設立1周年のイベントが行われました。そのイベントの内容をお知らせします。 このイベントでは、セーフキャストのこれまでの活動内容についてのプレゼンテーション、その後は、今後予定される活動の紹介がありました。 All photos by Stig Bjorge <動きが迅速だったセーフキャスト> 3月11日の震災の一週間後には、セーフキャストの前身であるRDTNという団体名で、ピーターを中心に日本、アメリカのメンバーたちが、ガイガーカウンターで放射線量を計測しようという動きを始めていました。そしてすぐに、計測したデータをネット上で見ることができるシステムを米国MITメディアラボ(http://www.media.mit.edu/)と一緒に確立したのです。 さらに、車にガイガーカウンターを搭載し、5秒毎にCPMとマイクロシーベルトが計測できる上に、GPSで位置確認もできる「bガイギー(bGeigie)」を開発しました。これによって計測が一気に加速し、今では230万件以上のデータをセーフキャストは収集しています。 このデータの特徴は、全て同じ種類のガイガーカウンターを使い、高さ、キャリブレーションなど一定の条件の元で計測することで、情報の質を高めようとしてきたのです。

Continue Reading "Safecast year anniversary event, Shibuya" »

×