SAFECAST fundraiser in Tokyo, Nov. 4, 2014

torii
Come spend an evening with SAFECAST!
As many who have been following Safecast know, our funding has come primarily from crowdfunding efforts like Kickstarter and GlobalGiving, and occasional grants from philanthropies such as the Knight Foundation. This is in addition, of course, to the many people who have contributed their invaluable time and knowledge. We have never done a fundraising event until now, but happily we were approached by a concerned local businessman who offered to try to set one up for us in Tokyo. We hope many of you can attend.
Date & Time: Tuesday, November 4th, 7:00pm
Location: Simmons & Simmons / TMI Associates conference rooms,
22nd floor, Roppongi Hills, 6-10-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo

Price: ¥5,000
Food/Drinks: Light food and refreshments will be served
RSVP/Questions: Please contact rsvp@safecast.org
(Downloadable invitation sheet below)
With the generous support of Simmons & Simmons in association with TMI Associates,
100% of all ticket sales will go to SAFECAST .

Event Info:
The doors will open at 7:00pm to allow people to socialize and have something to eat. Starting at 7:30pm, SAFECAST co-founder Pieter Franken and his colleagues will provide a brief overview of SAFECAST’s success and results of collecting data on the nuclear radiation around Fukushima and all of Japan. This will include demonstrations of their interactive maps charting radiation data and their unique detector hardware. The overview will include SAFECAST’s current development of a new realtime sensor and information system being deployed around the Fukushima Daiichi nuclear power plant and others in Japan and around the world as an “early warning” system against future possible radiation releases. The event will also provide ample time for Q&A to cover radiation, food, health, and other issues of concern.
multi2
About SAFECAST:
SAFECAST, a non-ideological, non-profit, volunteer-based organization created in the days immediately following the start of the Fukushima nuclear crisis in March, 2011, has become the most prominent and reliable independent source for radiation data in Japan and abroad. More than three years later concerns about radiation exposure from Fukushima continue, with low public confidence in government and industry statements that the nuclear fallout does not pose a significant risk to public health. The general public remains worried about the impact of long-term exposure, and lacking faith in government reassurances, has increasingly turned to alternative sources of information like SAFECAST.
In order to fill the acute information vacuum about the severity of the Fukushima fallout, SAFECAST has drawn on the expertise and experience of specialists worldwide, including co-founder Joi Ito (Director of the MIT Media Lab) and advisor Ray Ozzie (former CTO of Microsoft), to quickly field award-winning mobile detectors of its own design. These leverage open-source software and hardware and new-generation DIY tools such as laser cutters and custom PCB fabrication to dramatically accelerate development and deployment time. The group has simultaneously developed an information management system that allows GPS-tagged radiation data points to be uploaded into a central database and displayed on an interactive web-based and mobile maps.
Watch this short video summary of SAFECAST’s mission and principles by Adrian Storey:

The radiation data gathered by the growing group of SAFECAST volunteers in Japan and abroad currently exceeds 23 million data points, arguably the most extensive public data set of its kind. It was soon hailed as a technically competent, credible, and objective source of radiation information for Japan by experts on both sides of the nuclear power debate.
SAFECAST’s unique open-source hardware and software and crowdsourced maps and radiation data have all been developed by volunteers and are freely available without restriction for download and use.
Speaker Bios:
Pieter Franken, a founding member of SAFECAST, is an experienced hardware and software designer and is currently CTO for Monex Securties, based in Tokyo.
Azby Brown is an architect, designer, and author, and is Director of the KIT Future Design Institute in Tokyo.
logo
[gview file=”http://blog.safecast.org/wp-content/uploads/2014/10/SafecastFundraiserInvite-OnePage.pdf”]torii
セーフキャストと過ごす夜に、是非ご参加下さい!
多くの人がご存じのように、セーフキャストの資金は主にKickstarterやGlobalGivingなどのようなクラウドファンディングやナイト財団などのような慈善団体からも臨時的な補助金をもらっています。この資金はもちろん、計り知れないほど貴重な時間や知識に貢献してきた多くの人々に充てられます。私たちは今までに募金イベントを一度も行ったことがありませんでしたが、幸いにも、東京で私たちのために企画しようと申し出てくださった方により開催されます。是非ご参加下さい。
日時: 2014年11月4日(火)19:00~
場所: 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ22階
シモンズ・アンド・シモンズ/ TMI総合法律事務所 会議室

料金: 5000円 ※軽食とドリンクが用意されます。
連絡/お問い合わせ: rsvp@safecast.orgまでお問い合わせ下さい。
(招待シートは、下部でダウンロード可能です)
TMI総合法律事務所の協力により、シモンズ・アンド・シモンズの寛大な支援を受けて、チケット販売の100%はセーフキャストへ寄付されます。
イベント情報:
当日の開場は19:00、イベントは19:30に開始です。
当日は、セーフキャスト共同創立者であるピーター・フランケンと彼の同僚たちが、セーフキャストの功績や同団体の簡単な概要と、福島周辺と日本全国の放射線に関するデータ収集の結果を提示します。放射線データ、図表化している地図、そして、ユニークな放射線計測器の実演をご紹介します。また、セーフキャストが開発中の新しいリアルタイムセンサーについてもご紹介します。これは、放射線の放出を関知する「早期警戒」システムとして、福島第一原子力発電所周辺のみならず、日本や世界各地にある原発の周辺に配備できる情報システムです。当該イベントでは、放射線、食品、健康、その他の問題を取り扱うQ&Aの時間もご用意しています。
multi2
セーフキャストについて:
セーフキャストは非イデオロギー的かつ非営利かつボランティア中心で運営されている団体です。2011年3月の福島第一原発事故の数日間後に編成され、国内外で放射線データの最も顕著かつ信頼できる独立した情報源となりました。現在、3年以上経っても、放射線被曝に対する懸念は続いていますが、フォールアウトによる顕著な健康被害はないであろうと政府と業界が発表したことで、市民の政府や業界に対する信頼は相変わらず低いままです。市民は長期間の被曝の影響を懸念し、政府への信頼は欠いたままとなっています。同時にセーフキャストのような代替となる情報が注目されています。
福島に降下した放射性物質の正確な情報を知るため、セーフキャストは迅速に独自の専門性と経験を持つ専門家達が集まって形成されました。その中には、共同創始者である伊藤穣一(MITメディアラボ所長)や顧問であるRay Ozzie氏(Microsoft元CTO)といった顔ぶれもいます。そして、福島第一事故後、迅速なスピードで後に受賞もした検出器、bガイギーを自ら開発したのです。すべてのソフトウェアやハードウェアはオープンソース、そして、レーザーカッターやカスタムPCB製造といった新時代のDIY技術により、革新的なスピードで開発が進められました。同時に、セーフキャストは情報管理システムの開発も行っていました。これは、GPSタグ付きの放射線のデータポイントをセントラルデータベースにアップロードすることで、ウェブ上の地図とモバイル上の地図に反映させることを可能としたものです。そして、この地図がウェブ・モバイルで一般公開されることにより、誰もがどこででも情報を閲覧できるようになったのです。
Adrian Storey氏制作のセーフキャストがよくわかる3分間ビデオはこちら。

放射線データは、国内外において現在2300万データポイントを越えました。おそらくこれは放射線データの最も大規模な公共のデータセットであり、増加しつつあるセーフキャストボランティアのグループによって集められました。この情報が、原子力の議論を行う上で、双方の側の専門家たちから参照させる情報源となることを期待しています。
セーフキャスト独自のオープンソースのハードウェア・ソフトウェアとクラウドソースされた地図と放射線データは全てボランティアによって開発され、無料で利用可能で、無制限にダウンロードして使用していただくことができます。
講演者の経歴:
ピーター・フランケン(セーフキャスト創設メンバー)は、経験豊かなハードウェアとソフトウェアのデザイナーであり、マネックス証券株式会社CTO。
アズビー・ブラウン は、建築家、デザイナー、作家として活躍中。金沢工業大学未来デザイン研究所所長。
(翻訳:Kohei Watanabe)
logo
[gview file=”http://blog.safecast.org/wp-content/uploads/2014/10/SafecastFundraiserInvite-OnePage.pdf”]