Safecast OS X App Now Available

Mac OS X users are in for a treat with the release of our native desktop client. Available now in the app store. Hand built with with love by Safecaster Nick Dolezal, the official Safecast app brings our extensive dataset (over 21 million datapoints!) of radiation measurements to your Mac, and provides a powerful and fast way to visualize and update Safecast data.
In addition to the full Safecast dataset, you can browse data from a variety of sources including:
• The US Department of Energy / NNSA
• USGS and Canadian Geological Survey
• US EPA
This data includes extensive post-Fukushima surveys of Japan, aerial surveys of almost the entire North American continent and other global data. Specialized databases include distribution of Cesium isotopes in Japan, and naturally occurring uranium concentrations in the US.
Visualization tools allow you to change map backgrounds and coloring to enhance contrast between measurements allowing you to create customized views and see best how natural and man-made sources of radioactivity vary around you.
Other capabilities:
• Query Reticle Tool: Display the exact numeric value of measurements.
• Custom Layers: Mix and match individual layers to create custom comparisons.
• Realtime IDW Interpolation: Quickly visualize predicted values in areas that were not measured without spending hours (or days) running GIS interpolation scripts.
• High Performance: Super-fast SIMD vectorized multithreaded code renders data almost instantly.
• Offline Functionality: 100% of data available offline. (note: this does not extend to basemaps)
• On-Demand Updates: Download and update the Safecast dataset on-demand.
• PNG Tile Export: Export standard PNG tiles for a web map quickly and easily. In fact, the Safecast webmap is created and updated by this app, running as an automated job.Mac OS Xユーザお待ちかねの、PCアプリリリースです。App Storeにてダウロードできます。SafecasterのNick Dolezalが心を込めて開発した公式Safecastアプリがをもたらす豊富なデータセット(2100万以上のデータポイント!)あなたのMacへ放射線測定機能を、そしてSafecastデータの強力かつ迅速な方法を提供します。
Safecastのフルデータセットに加えて、以下を含むさまざまなソースからのデータを閲覧することができます。
•The US Department of Energy / NNSA
(アメリカ合衆国エネルギー省/ 国家核安全保障局)
•USGS and Canadian Geological Survey
(アメリカ地質調査所 および カナダ地質調査所)
•US EPA
(アメリカ環境保護庁)
これらのデータは、福島原発事故後の福島を中心とした広範囲にわたる国内測定結果と、北米大陸のほぼすべてにわたる空間線量データやそれ以外の世界中のデータも含まれています。専用データベースには、日本ではセシウム同位体分布、米国では、天然に存在するウラン濃度分布が含まれます。
視覚化ツールを使用することにより、地図の背景や色を変更でき、複数の測定値をコントラストをつけてみることができます。ビュー(表示)をカスタマイズすることが可能で、あなたの周りで自然放射線や人工由来の放射線がどこでどれくらいの数値なのかを可視化することができるようになっています。
その他の機能:
• クエリレチクルツール:測定値の正確な数値を表示します。
• カスタムレイヤー:個別の層を組み合わせてることにより、カスタム比較を作成します。
• リアルタイムIDW補間:GIS補間スクリプトで時間(または日)を費やすことなく、測定していない地域で短時間に予測値を視覚化します。
• 高パフォーマンス:超高速のSIMDベクトル化、マルチスレッドのコードは、ほぼ瞬時にデータをレンダリングします。
• オフライン機能:データを100%オフラインで使用できます。 (注:これはベースマップには適用されません)
• オンデマンドのアップデート:Safecastのデータセットは、オンデマンドでダウンロードと更新されます。
• PNGタイルエクスポート:標準のPNGタイルを迅速かつ簡単にWebマップにエクスポート。実際、Safecastのwebmapは自動化ジョブとしてこのアプリで作成、更新されている。
(翻訳:Masanobu Ebine)