20 million!


Growth of Safecast Dataset
A few days ago, Safecast reached another milestone: 20 million data points!
If you look at the  graph above, you’ll see that, starting from zero, it took us 7 months to collect the first million data points. Our first GPS-tagged data collection efforts in mid April 2011 used an Inspector/iPhone combo. By April 23 the first bGeigie was operational, and after a successful test in Tokyo that day was on the road in Fukushima the next. Three of these units, a design we now call the “bGeigie Classic,” were built. We soon were able to deploy more compact units: the bGeigie Mini (34 units) in June 2011, and the bGeigie Plus (36 units) in October 2011, right around the time we reached one million. We were able to reach 5 million data points a little over a year later, in Nov. 2012. By then several bGeigie Nano prototypes had been built and tested (the first one went to Chernobyl in August 2012), and as we got final versions into the hands of volunteers worldwide we were able to reach 10 million data points by June 2013. We’re buzzed it took us only a year to double that.
 
SAFECAST TileMap
This success is entirely due of the efforts of our volunteers. There are currently about 400 Nanos out there (though we can’t really say how many of these are actually in use; we assume some are sitting unbuilt), and our API shows 567 users, 387 of whom have uploaded data. Almost 3/4 of the data has been collected by the 10 most active volunteers. We’d really like to give a big shout-out to GLC, who have bGeigies on the road in Japan constantly, and who have contributed a whopping 6 million data points. KM Aizu is another very active group of volunteers, who have uploaded 1.7 million. Of course we get a lift when we see very active volunteers like these, but it’s not a contest and all contributions are extremely welcome.
WorldCoverageJuly2014
Above: SAFECAST GLOBAL COVERAGE BY COUNTRY
Our global coverage has steadily improved as well. Lionel Bergeret recently produced this map showing the breakdown by country. It shows that Japan accounts for approximately 75% of the data, which shouldn’t surprise anyone. The next highest percentage is from the US, with over 2 million data points, or about 13%. Our database currently includes data from 54 countries in all, including most of the countries of Europe, several in Africa, Asia, and the Middle East, and a bit from South America. We also have some good data from Antarctica
We’ve been steadily expanding our nGeigie fixed sensor network, and have several online in Japan and the US now (they’re included in our Tile Map; click on a green antenna icon and a time-based graph of recent data will be displayed). And we’ve been continuing the development of our air quality sensors (Safecast Air). We can’t stress enough how important openness has been to our success. Anyone can download our data and use it for whatever they want, no strings attached, our hardware and software designs are open-source and available for free use as well, and our iOS app is free. The bGeigie Nano kit costs money, but as this reviewer who sourced all the parts himself confirmed, it costs the same whether you buy the kit or hack it yourself.
In case anyone still has doubts, SAFECAST is in this for the long haul. The Fukushima disaster goosed everyone into action, but an increasing amount of our discussion is about long-term environmental monitoring needs, how to provide baseline coverage for as much of the globe as possible, how to communicate it all rapidly and effectively, and above all, how to get people working together on shared goals. SAFECAST has changed all of our lives, and success is a powerful motivator. But we’d still be doing it even if nobody was paying attention.
DONATE
VOLUNTEER


Growth of Safecast Dataset
数日前、セーフキャストは新たな節目に到達しました。集積データポイントが2000万点に到達したのです!
上記のグラフを見ると、点はゼロから始まり、1000万のデータポイントを収集するのに7ヶ月かかっています。2011年4月半ば、私たちが開発した初めて行ったGPS付きデータ収集の取り組みでは、メドコム社の放射線計測器インスペクター(Inspector)とiPhoneを組み合わせたものを使用していました。4月23日までには最初のビーガイギー(bGeigie)が使用され、東京でのテストが成功したその日、私たちは次の目的地である福島に向かいました。これらユニットの3つ、私たちが「ビーガイギー・クラシック」と呼んでいるバージョンは、この時に作成されました。すぐ後に、さらにコンパクトな型を開発し、計測に使うようになりました。2011年6月に34台のビーガイギー・ミニを、そして同年10月には36台のビーガイギー・プラスを生み出し、この頃に集積データポイントの数は100万点に到達したのです。
1年後の2012年11月には、集積データポイントは500万点になりました。このときまでに、ビーガイギー・シリーズでは最小サイズのビーガイギー・ナノ(bGeigie Nano)の試作品が数台組み立てられ、テストされました。初期の試作品のうち1台は2012年8月にチェルノブイリへ行っています。最終版の試作品が世界中のボランティアの手に渡った2013年6月、データポイントは1000万点に到達しました。
たった1年でデータポイントが2倍になったことに、私たちは感激しました。
 
SAFECAST タイルマップ
この成功は、私たちのボランティアの方々の努力のおかげです。現在、世界中に約400台のナノが出回っています。(しかしながら、私たちは実際のところ、どのぐらいのナノが実際に使用されているのかを知るすべはありません。いくつかは未作成で使用されていないのではないかと推測しています。)私たちのAPI (データアップするシステム)では567人のユーザー数を示しており、その内387人のユーザーは一度はデータをアップロードしています。データのほぼ4分の3は10人の最も活動的なボランティアによって収集されています。 本当にGLCの皆様には感謝の意を表します。 GLC社は日本のあらゆる道路を走り、その車には常にビーガイギーが搭載してくれていました。彼らは、実に600万点のデータポイントの収集に協力してくれています。KM会津は170万点のデータポイントを収集してくれた、もう一つのとても活動的なボランティアグループです。もちろん、私たちはこのような非常に活動的なボランティアに出会えて嬉しく思っていますが、これは競争やコンテストではありません。すべてのボランティアの方々のご協力を同様に有難く思っています。
WorldCoverageJuly2014
上:セーフキャストが計測を行った国
セーフキャストが放射線計測を行った国は着実に増えています。メンバーのLionel Bergeretが、国別の内訳を示す地図を作成してくれました。この地図では、全体のデータの約75%を日本が占めていることを示しています。これには誰もが納得するでしょう。
次に多いのは米国で、200万点以上のデータポイントがあり、全体の約13%を占めています。セーフキャストのデータベースには、現在、ヨーロッパのほとんどの国、アフリカ、アジア、アフリカ、アジア、中東、南アメリカなど、全部で54カ国のデータが含まれています。 その中には 南極 からのデータもあります。
私たちは、固定センサー、nGeigie(エヌ・ガイギー)のネットワークシステムも着実に構築しています。現在では、日本と米国で数点の固定センサーがつながっています。固定センサーの情報もセーフキャストのタイルマップに掲載されています。緑のアンテナのアイコンをクリックすると、時間を基準にした最近のデータグラフが表示されます。 また、エアークオリティセンサー(セーフキャスト・エアー)の開発も続けてきました。オープン性がどれほど成功のために重要なものなのか、どれだけ強調してもたりません。誰もがセーフキャストのデータをダウンロードすることができます。そのデータを使ってやりたいことをしていただけます。セーフキャストのハードウェアもソフトウェアも設計はオープンソースであり、無料で利用できます。セーフキャストのiOSアプリも無料です。ビーガイギー・ナノ・キット を入手してもらうには費用がかかりますが、この このレビューの作者 のように、自分でキットの部品を調達し、自分でハックしてキットを作ることもできます。その際にかかる費用はほとんど同額になると思います。
もしまだ疑問を持たれる方がいらっしゃれば、セーフキャストがこの信念を貫いていく姿をみていただければと思います。福島の災害はあらゆる人の行動をある意味で促進しました。
しかし、私たちの議論が増えるにつれて、長期間にわたっての環境モニターの必要性でした。どのようにして地球規模で可能な限りの基本的な地域をカバーするか、どのように迅速かつ効果的にコミュニケーションをとるか、そして何よりも、どうやって人々と一緒に目標に向かって動けるだろうか、ということでした。
セーフキャストは私たちすべてを変えました。そして、成功は強力なモチベーションとなっています。しかし、たとえ誰もが見向きもしなかったとしても、セーフキャストは行動していたことでしょう。
(翻訳: Kohei Watanabe, Kiki Tanaka)