Useful Data

Safecast was started because of a lack of what we considered to be useful data. We’ve talked before about the difference between correct and useful information and this is a perfect example. We saw data published with no information about how readings were taken, or where. We saw data published that was questionable, but without any way to trace the source. We even felt that “correct” or “valid” data, such as a single radiation data point being given as an average of an entire city, wasn’t actually useful and possibly did more harm in the way of public understanding, and rather than just complain about it we set out to provide a better option. Since that time a number of people and groups have started taking readings and publishing them – and we’re glad to see more data available to the public. That said, not all data is created equal, so we wanted to publish a few best practices that we consider paramount – We won’t allow data that doesn’t match up to these standards into the Safecast database, and we encourage other groups to adopt these standards as well.

  • Every data point must have time stamp and GPS coordinates. City averages are unacceptable.
  • Device and user must have unique ID to provide ability to identify and track errors (user can remain anonymous but still needs ID)
  • The device used must have publicly available specs, including sensor size and manufacturer.
    ** We prefer and recommend the 2″ pancake produced by LND.
  • If data is submitted to Safecast, data must be formatted correctly with all applicable metadata.
  • Measurements should be taken at approx 1m, with care to avoid interference etc.
  • Measurements should be in CPM, and note what kind of shielding (if any) was used.

We feel that data integrity is the most important aspect of what we do – if our data can’t be trusted then everything else we do is pointless, and hope these standards we hold ourselves to and this information is helpful to others as well.セーフキャストは、私たちが役立つデータと考えられるものの不足から始まりました。以前にも正
確さと役立つ情報の違いについて話し合ってきましたが、これは申し分のない例です。私たちは公
開されたデータが、どのように、どこで測定値が計測されたのかについて何ら情報がないまま、デ
ータを見てきました。疑わしくても、情報源を追跡する手段が何も無い公開データでした。
例えば、都市全体の平均値として提供されている単一の放射線データ値のように、”正確”あるいは
“妥当”なデータは実際には役に立たず、おそらく人々を混乱させ、誤解すら与える可能性があり、
だったら、不平を言うよりも、より良い選択肢を自分達で考えようということになりました。
それ以来、たくさんの人々やグループが測定し、それらを公開しはじめました。私たちは、公開可
能なより多くのデータを見ることができ、とても嬉しく思います。つまり、全てのデータが同じよ
うに測定されたものではなく、私たちは最重要だと考えるいくつかのわずかな最良の事例を公開し
たかったのです。私たちは、これらの標準に一致しないデータをセーフキャストのデータベースに
許容するつもりはありませんし、他のグループにこれらの標準を採用してもらっています。

  • 全てのデータ測定点には日時GPS座標が必要です。都市平均は許容していません。
  • 機器とユーザには、エラーを特定し追跡できるように、特定のIDが必要です。(ユーザは匿名にす
    ることができますが、IDは必要となります。)
  • 利用した機器はセンサーのサイズや製造元含め、仕様が公開されていなければなりません。
    ** 私たちは、LNDによる2インチパンケーキ型を推奨しています。
  • データがセーフキャストに提出される場合、データは全て適切なメタデータとして正しく整形され
    ていなければなりません。
  • 測定は約1mの高さで、干渉等がおきないよう注意してください。
  • 測定はCPMで行い、どのような遮蔽が用いられたかを記載ください。

私たちはデータの完全性が私たちの行っている最も重要な点だと思っています。もし私たちのデ
ータが信用できないなら、私たちの行っている他の全てのことが無意味なこととなってしまいま
す。これらの標準を保ち、この情報他の人々にも役立つことを望んでいます。