Inside Daiichi

Another milestone for us today – this one quite significant. Until now we’ve been able to measure the exclusion zone around the Fukushima Daiichi Nuclear Plant but we haven’t been inside the actual grounds – having quite literally run into the gates around the facility. This week some of our volunteers were able to bring a bGeigie on a tour inside the gates and around the plant. For obvious reasons we’d expect incredibly high readings here and that’s what we see – some places reaching over 38,000 cpm / 116 μSv – that’s really hot.
 
Keep in mind these readings were taken outside of the buildings – there are a number of places inside that are still completely off limits to anyone except robots that are likely orders of magnitude higher than this. We’re hoping to have more readings from inside soon, stay tuned. A few more photos after the jump.
もう一つのマイルストーンがついに遂行されました。これはとても意味のあることです。これまでセーフキャストは福島第一原子力発電所周辺の立入り禁止区域内で測定することはできていましたが、実際の敷地内では測定できていませんでした。まさに文字通り、施設周辺のゲートにぶつかってきたのです。
今週、私たちのボランディアの数名がbガイギーを持って、ゲート内と発電所周辺の巡回することができました。ご覧いただければわかるように、ここでの高い数値を予想していましたが、まさにその通りでした。いくつかの場所では、38000cpm/116μSvを越えており、本当に高濃度です。
 
測定値は建物の外で測定されたことを念頭においてください。建物内部は、外部よりも測定値が桁違いに高く、ロボットを除いて誰一人完全に立入禁止の場所がたくさんあるのです。私たちは、建物内部からのより多くの測定値が得られることを期待しています。引き続きご注目ください。