Current Fukushima Exclusion Zone Map


As you may have heard the exclusion (evacuation) zone around the Fukushima Daiichi plant continues to be adjusted to allow people into areas with lower radiation levels, and move them out of areas with higher levels. There has been no easy way to see what these areas look like so Safecast volunteer Azby created this map showing the areas impacted. The pink areas are restricted, the orange and green areas were once restricted but now open for anyone to access.
Azby adds: We needed a map like this that shows road access in relation to the restricted zones, to use when planning survey trips in the area. After hunting online, asking at roadblocks and official offices, and coming up empty-handed, we concluded that unbelievable as it may seem, no such map is available. This was an easy Photoshop job, overlaying an official evacuation zone map which didn’t show roads onto a Google map. We’ve confirmed that roadblocks are in place wherever a road crosses into the pink zone.
EDIT: Replaced the previous map with a more recent one (Aug. 8, 2013) which shows changes in evacuation status in Kawamata.
ご存知かもしれませんが、福島第一原子力発電所の立入禁止(避難)区域は、放射線汚染度の低い地域への立入りを許可したり、より汚染度の高い地域に立ち入りさせないように調整され続けています。これまでこれらの地域がどのような状況か実態を把握するのは容易ではなく、セーフキャストのボランティア、Azby(アズビー)が地域の影響度を示す地図を作成してくれました。ピンクの地域は、警戒区域で、オレンジと緑のエリアはかつての警戒区域ですが、現在は誰でも立ち入りが可能なエリアです。
Azbyによる補足:私たちは制限地域に関連して、地域内で調査行程を計画に使うため、連絡道路がわかるこのような地図を必要としていました。オンラインでの探索、バリケードの現場や役所への問い合わせ、成果なく終わった結果から、信じられないような話ですが、このような地図は入手不可能だという結果に至りました。表示の地図は簡単なPhotoshop(フォトショップ)の作業で、グーグル・マップで表示していない公的な避難地域地図をオーバーレイ(上から重ねる)したものです。バリケードはピンクの区域に入る道路の至るところに設置されていることを確認しています。
編集:より最新の地図(2013年8月8日版)に置き換えました。この地図により、川俣町の避難状況の変化が分かります。