Over 10,000,000 Data Points

So this just happened:


Actually it happened last week, and we blew past it without even noticing which point rolled it over. Officially, to date, Safecast has collected and published over 10,000,000 individual data points. That’s a huge milestone for us, and when you consider that it took us 6 months from March 11, 2011 to collect our first million, and we were just passing 4,000,000 towards the end of 2012 – this is shows how our collection efforts continue to ramp up.

Obviously a lot of this is due to our incredibly dedicated volunteers. Earlier this year one of our volunteer teams, GLC, broke 1,000,000 measurements they had collected themselves which was terribly exciting and with the recent release of our bGeigie Nano Kit which allows anyone to use the exact same hardware and system we do to collect and submit data, we only expect this to continue to speed up. We’re celebrating this milestone in Aizu at the Eyes, Japan office hosting a nano-build-a-thon where we made more nano’s in a 48 hour period than ever before. More on that soon.
ついにこの日がやってきました!


実際には先週達成したのですが、私たちはどこの観測地点で達成したのか気づきもせず、あっというまに通り過ぎていました。公式には、今まで、セーフキャストは独自で1000万ヶ所を越えるデータ観測をし、公開しています。
1000万点は、私たちにとって非常に大きなマイルストーンです。
2011年3月11日から100万ヶ所に達するのに6ヶ月かかり、2012年の終わりに400万ヶ所を突破したこと考えると、私たちの収集の成果がいかに急上昇しているかがわかります。

明らかに、この結果は、ものすごく献身的なボランティアの方々によるものです。
今年の前半には、私たちのボランティアチームのひとつである、GLC(グローバル・サーベイ社単独で100万ヶ所を突破しました。
また、最近の bGeigie Nano Kit(ビーガイギー・ナノ・キット) のリリースにより、精密な同一ハードウェアとシステムを利用して誰もがデータを収集、提出できるようになったことで、計測地点が急増し続けると期待しています。
私たちはこのマイルストーンを会津若松市にある Eyes Japan のオフィスで祝っているところです。同社オフィスでナノのワークショップを開催し、48時間にこれまでにあるナノより多くの台数ナノを組立てました。
その件については近いうちにまたブログ記事をアップします。

翻訳:Toshiyuki Arai