The bGeigie Nano Kit


The biggest limitation Safecast has faced in collecting data is the limited availability of our workhorse device, the bGeigie. The design works great, but it’s expensive (each one costs us about $1000) and time consuming (building one can take an entire week) which results in us having limited numbers of them to keep in use. We have way more people who want to drive around with bGeigie’s than we have bGeigie’s to be driven around. To solve this issue, we’ve created the bGeigie Nano, and thusly the bGeigie Nano Kit. As you might guess the Nano is a smaller form factor which makes it much easier to carry around and use, yet it’s even more feature packed than the original bGeigie. In fact many Safecast team members use the Nano’s exclusively now and carry them at all times, the compact size makes this incredibly easy to do.

Most importantly, the nano is a fairly simple kit comprised of readily available off the shelf parts. If you know how to solder (or want to spent 10 minutes learning how) you can build the Nano Kit in an evening, and be Safecasting the next day. You can take individual spot readings, or attach it to your car and drive around collecting geotagged radiation data that can be uploaded to Safecast via our API upload page. This is the exact same process we use. The design (hardware and software) is open source (just like all Safecast projects) so you are invited to hunt down each part on your own, but to make things simple we’ve teamed up with Medcom to provide a kit that you can build yourself. The cost will be $450 and they will be selling them on a first come first serve basis in batches as the kits are produced. If you want one, fill out this bGeigie Nano interest form and someone will follow up with you in short order.
More photos and technical details after the jump.
[All photos by Pieter Franken]

Safecast(セーフキャスト)が常に直面していた問題は、デバイスに限りがあるため、計測値の収集に制限があることでした。bガイギーのデザインは素晴らしいのですが、1つにかかるコストが1000ドルもする上、作るのに相当の時間も必要です。(1つのデバイスを作るのに丸々1週間はかかる。)そのため、限られた台数しか使えないという状況が続いていました。また、今や私達の周囲には、bガイギーを使いたいという人は数多くいて、その数は実際の台数をずっと上回っていました。
この問題を解決するために、私達はbガイギー・ナノを作り、さらにbガイギー・ナノ・キットを開発しました。ご想像の通り、ナノとは小さいバージョンで、持ち運びが便利にな上、従来のbガイギー以上の機能を搭載しています。
多くのSafecastのチームメンバーもナノを持ち、持ち運んでいます。コンパクトサイズなので、移動の負担にもなりません。

さらに重要なのは、ナノが自分で組み立てられるキットだということです。
もしはんだ付けの方法を知っていれば、ナノ・キットを一晩で作り(はんだ付けは10分で習えます。)、翌日からセーフキャスティング(Safecastの造語で、放射線計測をし、データをアップロードすること)することもできます。bガイギー・ナノ・キットを使って個々のポイントの計測もできますし、車に搭載して運転しながらジオタグ付きの放射線データを収集し、セーフキャストサイト内にあるアップロードページからデータアップすることもできます。使用法は通常のbガイギーと全く同じです。
ハードウェアもソフトウェアもデザインは通常のセーフキャストの方針通り、オープンソースですので、皆さんが自分で部品を買って作ることもできます。
しかし、今回、皆さんが自分で簡単に組み立てられるよう、キットとしてインターナショナル・メドコム社と共同で開発しました。bガイギー・ナノ・キットは1台450ドル(日本販売価格未設定で発売。)で、先着順で販売となります。
ご希望の方は、フォームにご記入ください。
他の写真や技術詳細はジャンプ後
[写真は Pieter Franken 撮影]


Technical Specifications:
– Three systems in one: bGeigie, xGeigie and iGeigie:
– bGeigie mode – mobile radiation sensor with display indicator in CPM and µSv/h, number of satellites locked, height (m), distance traversed (km), total duration of measurement (h:m) and time stamp (dd:hh:mm:ss)
– xGeigie mode – geiger counter mode (no logging) with display indicator for uSv/h dose-rate (Cs137), max dose-rate, dosimeter, Bq/m2 display (Cs137), time stamp and Alarm LED
– iGeigie output – iPhone compatible output for Safecast iOS app. iPhone app shows dose rate and can upload data realtime to Safecast API.
– Sensor: LND 7317 2” pancake GM tube with Medcom iRover HV supply; capable of measuring alpha, beta and gamma radiation
– Modular design – main unit can be taken out of case to use as surface contamination survey meter
– High quality GPS receiver with external booster antenna connector
– Wireless option – bluetooth, 802.15.4 or Wifi supported through Xbee socket – send data wirelessly to bGeigie Ninja or smartphone (Experimental; wireless components not included in kit)
– Blue Indicator LED for every nuclide detected (with cool afterglow)
– Red Indicator LED for “recording” (bGeigie mode) or “alarm” (xGeigie mode) indicators
– Orange indicator LED for charge status
– Battery status indicator on OLED display, with low Battery alarm.
– Function button (user assignable)
– Buzzer (can be switched off)
– 2000mAh battery for approx. 40-hour nonstop operation in bGeigie mode. USB chargeable.
– Memory: 2Gb SD micro card (included)
– Hot switch between bGeigie and xGeigie mode (in xGeigie mode recording is paused)
– Many parameters configureable through config file on SD card (e.g. user name, conversion factor for µSv/h and Bq/m2, time interval, etc)
– OLED display: 128×64 high contrast, two OLED display sizes supported
– Realtime clock
– Watertight, shock resistant Pelican 1010 micro case in Yellow or Black.
– Carry strap and hook attachment (for car, cycling, walking, airplane, etc)
– Fits into “Topeak” Bicycle top bar case for us on road bikes (not included)
– Dual CPU: Atmel, Arduino. Open-source software.
*This is a kit and we’re always modding things so the above may change any any moment without advance warning.
Want one? Fill out the bGeigie Nano interest form!

技術仕様書
– bガイギー、xガイギー、そしてiガイギーの3システムが合体
– bガイギー・モード: モバイル放射線センサーで CPMやマイクロシーベルト/時(μSv/h)での放射線量、ロックされているGPS衛星の数、高さ(m)、移動距離(km)、総積算測定時間(時:分)、タイムスタンプ(日:時:分:秒)の表示を行う。
-xガイギー・モード:ガイガーカウンター・モード(ログ機能なし)で、マイクロシーベルト/時(μSv/h)線量率、最大線量、セシウム137のベクレル/平米(Bq/m2)表示, タイムスタンプおよび警告LEDの表示を行う。
– iガイギー出力:Safecast のiOS用アプリ向けのiPhone互換出力です。iPhoneアプリで放射線量を表示し、SafeCastアプリケーション・プログラムインターフェースにリアルタイムでデータをアップロードできます。
-センサー:Medcom製iRober HV サプライつきのLND 7317 2”パンケーキ型GM管でアルファ線、ベータ線、ガンマ線の各放射線を測定できます。
– モジュールのデザイン:メインユニットはケースから取り外し可能で表面の放射線測定を行うことができます。
– 外部ブースターアンテナ用接続端子のついた高品質GPS受信機を備えています。
– 無線オプション:Bluetooth 802.15.4 もしくはWi-FiがXbeeソケット経由でサポートされています。bガイギー・ニンジャやスマートフォンに無線でデータを飛ばすことができます。(実験段階でワイヤレスコンポーネントは本キットには含まれていません。)
– 青色のLEDですべての核種を検出・表示(かっこいい余韻の表示)。
– 赤色のLEDで“録音”(bガイギー・モード)もしくは“警告”(xガイギー・モード)を表示。
– オレンジ色のLEDで充電状態を表示。
– バッテリーの状態をOLEDディスプレー上に表示しバッテリーロー状態を警告。
– 機能ボタン(ユーザが割り当てられる)
– ブザー(スイッチを切ることも可能)
– 2000mAh大容量バッテリーによりbガイギーモードにて40時間ノンストップ動作可能。(USB経由で充電可能)
– メモリー:2GB SDマイクロカード付属
– bガイギー・モードとxガイギー・モード間でのホットスイッチ(動作中切替)可能(xガイギー・モードでの記録は一時停止となります。)
– パラメータはSDカード上のコンフィグファイルの書き換えで変更可能(例:ユーザ名、マイクロシーベルト/時(μSv/h) とベクレル/平方メートル( Bq/m2)の変換ファクタ、タイムインターバル等)
– OLEDディスプレイ:128×64 ハイコントラスト。2種類のOLED表示サイズをサポート
– リアルタイム・クロック
– 防水、耐震設計のペリカン1010マイクロケース(黄色か黒)
– キャリーストラップおよびフックアタッチメント(車載、自転車への搭載、徒歩用、飛行機等用)
– ロードバイクに乗るときのために“Topeak”の自転車用トップバーケースにフィットします。(Topeakケースは付属しません。)
– デュアルCPU:Atmel, Arduino オープンソース・ソフトウェア
※ これはキットです。また、私達は常に修正を加えているので、予告なく上記の内容と変わることがあります。
あなたもbガイギー・ナノ・キットが欲しいですか? では、注文書にご記入ください。!