Safecast Hackathon – January 13-18, 2013

At Safecast, we have been talking about our distributed team(s) and how beneficial it is when we can get people in the same room to actually hack on things. Not just bring each other up to date on what we’ve been working on, but actually get our hands dirty and build stuff. And then when we go back to our corners of the world the motivation from that progress helps keeps things moving. Upon realizing this we decided that we really needed to start having regular hackathons. Tentatively, we’ll have 4 a year, one in each quarter and each time in a different location around the world. That’s the idea anyway, we’ll see how it plays out in practice, but for the moment we have the first one to announce:

In January, we’ll meet up in Tokyo for a week and take a big bit out of our collective to do lists. We’ll start with the public GitHub issues and move on to new issues as they arise. And while a hackathon is kind of without structure, we’ll have some kind of opening event where we set up some goals and directions, and some closing event where we see how well we did. This will take place physically in Tokyo, but we’re going to try to live stream some of it as well as use IRC and shared web based documents to allow anyone from anywhere to participate if they feel motivated. I’ve put up a google doc with some tentative details – if you’d like to participate please check that out and add your info. I hope this will be the start of something awesome.セーフキャストでは、プロジェクトの分散チームについてお伝えしてきましたが、私
たちが同室に集まって実際にハッキングできればこれほど有益なことはありません。
各人が取り組んでいる最新情報を互いに持ち寄るだけでなく、手を使い、モノを作る
のです。そして、それぞれが世界各地の自分の場所に戻った際に、進展したことでモ
チベーションがあがり、より一層、物事が進むようになるのです。このことを実感し
たうえで、私たちは通常のハッカソンを始める必要があると決心しました。とりあえ
ず、1年に4回、四半期に一度、世界中の異なる場所で実施することにしました。現
段階ではアイデアなので、実際にどのように展開するかは様子をみようと思います
が、差し当たり、第一回目のハッカソンの開催をお知らせします。

1月に東京で一週間集まり、私たちの共有している「やることリスト」から取り組む
予定です。パブリックの GitHub イシューからはじめ、新たにあがってくる問題に取
り組んでいく予定です。ハッカソンは構造のないものである一方、私たちは何らかの
オープニングイベントを開催し、いくつかの目標と方向性を決め、どのくらいの成果
を得られたかをみるためのクロージングのイベントも開催します。物理的には東京
で開催予定ですが、モチベーションを感じたら誰でもどこからでも参加できるよう、
IRCと共有ウェブベースのドキュメント同郷にストリーム中継を実施する予定です。
暫定的な詳細情報をgoogle docに用意しました。もし参加を希望されるなら、詳細を
確認のうえ、情報を追加ください。これが何か素晴らしいことの始まりになると期待
しています。
(翻訳:Toshiyuki Arai)