Safecast on GitHub

At Safecast we’ve been using GitHub to manage our code and keep things synced between teams, but those have largely been small private repositories. I’m really excited to announce today that we’ve converted TeamData – the repository that manages the API and data uploads/exports – to public. This means anyone dive in and see what we’re doing, how we’re doing it, suggest changes, fix issues, or even fork our code for their own project. It’s not news that we’re big supporters of all things open source here at Safecast and we’re delighted open this up and amped to see what comes back from the community.
If you want to help out, feel free to check out the list of open issues!
SAFECASTでは、チーム内でのコード管理と同期をとるために、GitHubを利用していますが、たいていは小規模の非公開リポジトリ(ソースコード管理ようのディレクトリー)となっています。本日晴れてお知らせしたいことは、SAFECASTが「TeamData」のリポジトリを変更したということです。APIやデータのアップロード・エキスポートするコードを管理するリポジトリとして公開しました。これにより、誰でも私達の取り組みに飛び入り参加し、私達の取り組み方を見、変更を提言したり、課題を解決し、あるいは自分たち独自のプロジェクト用に私達のコードをフォーク(gitなどのソース管理用語:分岐)することができるのです。
SAFECASTが、全てのものをオープンソース化することを強く支持していることは目新しいことではありません。私達は喜んでオープン化し、コミュニティからのフィードバックを興奮して待っています。
もし、ご支援いただけるのでしたら、お気軽に未解決課題一覧をご確認ください。
翻訳:Toshiyuki Arai