Safecasting Oshima Island


This weekend Safecast volunteer Eiji Nishikawa spent some time on Oshima Island. This area was heavily devastated by the quake and tsunami impacting tourism which has been very difficult for the residents. On top of that, there were no available radiation readings for the island and locals were very concerned and assumed the worst. We’re happy to show that after mapping the island with a bGeigie it’s clear that the levels are some of the lowest we’ve seen in Japan and more comparable to Tokyo than the more contaminated areas around the plant. While it’s good when we can give people actual data about how effected their neighborhoods are so they can decide what to do, it’s even better when we can confirm that things are not as bad as people had assumed. This is fantastic news for everyone.

この週末、セーフキャストのボランティアである西川英二さんが、気仙沼の大島で測定を行いました。大島は地震と津波によって壊滅的な打撃を受け、同地の観光業も苦境に立たされています。
現地の人たちは心配し、最悪の事態も想定していましたが、大島では有意な強度の放射線は計測されませんでした。
bGeigieによる測定結果を地図化し提示できることをうれしく思います。測定値は、明らかに今まで国内で測定した値の中でも比較的低い値であり、原発周辺の汚染地域というよりも、むしろ東京に近いものでした。
原発がどの程度の影響を与えているかという実データを提供し、それにより人々が何をすべきかを決めることが出来るというのは良いことです。同時に、人々が予想していたほど自体が深刻でないということが確認できたことはさらに良いことです。
これはすばらしいニュースです。