Citizens Group Leader in Kashiwa Radiation Hotspot Quits

http://www.youtube.com/watch?v=-gtZIX1Pf5w
The leader of a Citizens’ Group to Protect Children from Hotspot Radiation in Kashiwa city, Chiba, decided to suspend its activities. Mrs. Yuki Ohsaku, representative of the group evacuated recently to Kyushu after her two children started nosebleeding and other core members also are considering moving out of Kashiwa city. 10 members have already relocated. (Above video of Interview with Mrs. Ohsaku on the radio)
In May the Kashiwa mayor wrote in his blog that those worried about the effects of radiation have some kind of mental problems. Kashiwa city originally had no plan to conduct any survey after citizens reported high radiation levels. Mrs. Ohsaku’s group collected over 10,000 signatures and submitted the petition to the City Council with 100 members, and this made the Kashiwa city start measuring radiation levels in schools and do decontamination work.http://www.youtube.com/watch?v=-gtZIX1Pf5w
千葉県柏市の市民グループ「柏の子供達を放射能汚染から守る会」は、活動を一時休止することを決めました。代表の大作ゆきさんは、2人の子供が鼻血を出し始めて以降、九州へ避難を行いました。他の中心メンバーも九州への移住を考えており、すでに10人が引っ越しを行いました。(上の動画は大作さんのラジオでのインタビューを収録したものです)
5月に、柏市長は「放射能の影響を心配するのは、心理的な問題の一種である」とブログに書き込んでいます。元々柏市には、市民から高い放射線レベルの報告を受けるまで、何ら調査を行う計画はありませんでした。大作さんのグループは、1万人の署名を100人を擁する議会に提出しました。これにより、柏市は学校における放射線レベルの調査を始めることになりました。
しかしながら、グループの活動や大作さんの子供を連れての九州への引っ越しは、彼女の家族に大きな問題を引き起こしました。大作さんの義理の家族は、行政への反抗や(グループのリーダーであるために)名前が報道されるようなことを好みませんでした。いまやこの親類たちは大作さんに離婚を求めるまでになりました。
大作さんは、「一般に中高年の人たちは、情報源として新聞に書かれていることを絶対視し、書かれていないことは真実だと思わない」と言います。(新聞を含む)主要メディアは、放射能の健康への影響を最小限しか報道せず、政府によって「調整」された放射線レベルだけを報じています。
読売新聞は、「千葉のホットスポットに関する情報は間違った噂によるもので、それらは存在しない」と5月に書いています。(ウィキペディアによると、「読売新聞の以前の社主である正力松太郎(しょうりきまつたろう)は、元CIAのエージェントで、日本の原子力の父である」とのこと)
彼女の親族は読売新聞の報道を信じているという。日本では、インターネット上で情報を集めないと、放射能問題で何が実際に起こっているのかは分からない。
大作さんは、放射能の問題での意見の衝突は、原発問題それ自体よりも難しいという。
彼女の周辺の人たちは、この問題について考えないことを選び、問題を大きくしないで欲しいと思っている。グループのメンバーの何人かは、「変人」と笑われるのにも疲れ果てた。
守る会は、除染を望んでいるが、ホットスポットにいる他の人たちは、お金の無駄と考えている。「心配するのをやめよう。福島の人たちのことを考えろ。かれらはもっと悪い環境のところで暮らしているんだ。」
http://www.youtube.com/watch?v=0tFowH-LYqI
However, the group’s activities and her relocation with two children to Kyushu caused lots of problems within her family. Her in-laws are not happy that she is disobeying the authorities and that her name gets published (since she is the group leader). Now the in-laws are demanding that she divorce her husband. She says that old and middle-aged people in general have absolute confidence in the printed media as their news source, and what’s not reported in the newspapers is not conceived as reality. The mainstream media (including newspapers) has the least coverage on health
effects of radiation and only report the government’s “adjusted” radiation levels.
Yomiuri News even wrote in May that the information about hotspots in Chiba are based on false rumours and that they doesn’t exist. (Matsutaro Shoriki, ex-president of Yomiuri was a CIA agent and is called the father of nuclear power in Japan according to Wikipedia.) She says her in-laws believe in the Yomiuri report. Only those collecting information from internet sources are aware of what is really going on regarding radiation issues in Japan. As a result, there the public have split opinions on this subject.
Mrs. Ohsaku says the conflict of opinions on radiation issues has been harder to deal with than the radiation itself. Many people around her chose not to think about it and neighbors don’t want her to make it a big issue. Some members of her group are tired of being ridiculed as “freaks”. Her group wants decontamination but others in the hotspot thinks it’s waste of money. They say “Let’s not worry about it. Think of people in Fukushima. They live in an even worse environment than us.”
http://www.youtube.com/watch?v=0tFowH-LYqI