Safecasting Daiichi


Earlier this month we received our first measurements from inside the evacuation zone and talked about how they illustrated the point that “closer to the plant” doesn’t automatically mean higher readings. To illustrate that point even furthers, Safecast volunteers Akira Sugiyama and Tatsuhiko Kodama were able to take a bGeigie all the way across the exclusion zone including almost right up to the front gates of the Daiichi plant. Here is the map of their drive which shows a few things. First of all, these are now the highest levels we’ve recorded reaching almost 12,000 CPM. Secondly, this shows just how much the levels can change, as only a few km away and approximately the same distance from the plant they drop to barely 100 CPM. A 11,900 fluctuation in just a few minutes drive is noteworthy to be sure.
These readings also point out the limitations of our color scheme and scale on the maps, something we’ll be addressing shortly.
セーフキャストでは、今月初めの避難指示区域内で初の測定結果から、必ずしも原発に近いほど測定値が高いわけではないことが分かったとお知らせしました。
この点についてさらに検証するため、セーフキャストのボランティアである杉山明さんと児玉龍彦さんがbGeigieで測定を行いました。福島第一原発の正門付近を含む立ち入り禁止区域での測定をすることが出来ました。
この測定マップからいくつかの事実がわかります。まず第一に、最大値として12,000CPM近い測定値が観測されていることです。
次に、レベルの変化を見ると、原発より数キロ離れた場所から、さらに数キロ離れただけで100CPMに減少しているということです。
わずか数分間、車で移動しただけで11,900CPMもの低下が起こるということは、非常に注目すべきことです。
またこの地図では、測定値の目盛りや色付けの方法に限界があることも示しており、早急に何らかの対応をする予定です。