Hikone measuring

After three weeks monitoring every day and reporting nearly every day, we have to conclude that measuring radiation in Hikone, although only 60km from Tsuruga (where there are 5 nuclear power-plants), is more like taking temperature of a not-sick child. Let’s hope it will stay this way. About two weeks ago, we were standing ready to measure if the attempt to take a part (, which is 3 ton and was dropped in by accident before) out from  the core of Monju would have resulted in radiation being released. But happily nothing happened and the attempt went ok. Today we measured at the middle of lake Biwa and recodered our lowest reading 0.08uSv/h.
私達が、毎日、彦根で測定をし、ほぼ毎日、その測定データを報告するようになって3週間が経ちます。彦根は、敦賀から 60km 程しか離れていないところです。 敦賀の近くの美浜も合わせれば、5基の原子炉が立ち並んでいますが、彦根で放射線を測るのは、どちらかと言えば、病気でない子供の熱を測ることに似てい ると言えるかもしれません。このような状態が続くことを願いましょう。約2週間前、敦賀の高速増殖炉「もんじゅ」 で、2010 年8月から原子炉容器内に落下したままになっていた重さ約3トンの炉内中継装置を引き抜く作業が行われました。もしかしたら、放射線レベルが高 くなるかもしれないと、ガイガカウンターを持って、待ち構えていましたが、幸いなことに何も起こりませんでした。引き抜き作業の試みがうまくいったという事でしょう。今日、私達は、琵琶湖の真ん中で測定を行いました。今までの最低値である 0.08 uSv/h を記録しました。
(訳:Yuka)