Safecasting at 10,000 meters and 785km/hr

Recently I had a chance to travel to Boston to meet up with fellow Safecasters at the MIT media lab. As I’m now armed with a nice set of Geiger counters, I decided to measure the radiation during the flight. By doing this with the same equipment we use, we can get a good idea how it compares with what we see on the ground in Japan.
I used a Thermo Scientific B20 geiger counter that has the same 2″ inch pancake sensor as the Medcom Inspector used in the bGeigie. It has a few handy data logging capabilities that were useful in measuring the radiation.
So here are the results during the trip:
– Flight: Tokyo – Boston
– Dose rate in Chiba/Ichikawa: 0.2µSv/hr
– Peak dose rate inside an X-ray machine: 1.65mSv/hr (luggage only!)
– Peak in-flight dose rate: 3.7µSv/hr
– Average dose rate: 1.75µSv/hr
– Dosage during trip: 21µSv
– Dose rate in Boston: 0.10µSv/hr
– Dose rate on red bricks in Cambridge: 0.23µSv/hr (red bricks naturally are slightly radio active)
– Dose rate in front of MIT nuclear reactor in Cambridge: 0.11µSv/hr
Of course when we compare radiation in an airplane to radiation from contamination in Fukushima, in the airplane people are exposed only to cosmic gamma rays, and for a relative short duration. In the Fukushima disaster, people are exposed 24×7 and are exposed to the airborne particles that are strong beta emitters.

先日私は Safecast の仲間とMITメディアラボで会うためにボストンを訪れました。いいガイガーカウンターのセットを装備していたため、フライト中に測定を行うことにしました。私達が通常使用している機器と同じものであるため、これらの測定値が日本の地上における値と比較してどのようなものか把握することができます。
計測には、私達が bGeigie に使用している Medcom Inspector と同じ、2インチのパンケーキ型センサーが内蔵されている、Thermo Scientific B20 を使用しました。この機器には、便利なログ記録機能が付いており、放射線測定に役立ちました。
以下が旅行中に取得した測定結果です。
– フライト:東京~ボストン
– 千葉県市川市の線量率:毎時0.2マイクロシーベルト
– X線機器内の最大線量率:毎時1.65ミリシーベルト(荷物だけです!)
– フライト中の最大線量率:毎時3.7マイクロシーベルト
– 平均線量率:毎時1.75マイクロシーベルト
– 旅行中の累積線量:21マイクロシーベルト
– ボストンの線量率:毎時0.10マイクロシーベルト
– ケンブリッジの赤レンガ表面の線量率:毎時0.23マイクロシーベルト(赤レンガはもともと若干放射能を帯びています)
– ケンブリッジのMIT原子炉前の線量率:毎時0.11マイクロシーベルト
もちろん、航空機内の放射線を福島における汚染と比較した場合、航空機内では人々は宇宙ガンマ線のみに比較的短い時間さらされるだけですが、福島の原発事故では、人々は終始放射線にさらされる上、強いベータ線を発する浮遊粒子にもさらされています。