New Map on Safecast.org

It should be no surprise that we think about maps a lot here at Safecast. In fact, it’s probably one of the most frequent topics of conversation. Especially maps with a lot of data and especially making that data understandable. But more than understandable, it needs to be useful. Understanding what data a map is showing you is one thing, understanding what that data means is a whole other story. We noticed this again and again when talking about radiation mapping, even when we can get the data and put it together on a map, we still get asked “ok, so what does that mean? Am I safe?” Not an easy question to answer. Earlier this month we were talking about this and about how radiation is such a scary thing – seeing red on a map can make people panic. And maybe it should, but when you are just showing a spectrum it’s common to use green on one end and red on another so perhaps that isn’t the best way to convey this. So we started thinking.
gridRadiation is a very scary and foreign thing to talk about because it’s invisible and most people aren’t familiar with what measurements and doses even mean. We started thinking about how to put that in a context that with which people are more familiar. Lets talk about weather, temperature specifically. If you and I both know what the weather was like yesterday, and you ask me what it’s like today and I say it’s hotter – you instantly know what I mean. What if we could do that with radiation as well? On March 10th, before the earth quake, before the tsunami, before the meltdowns – no one was worried about radiation. Or at least, not worried about it being more than usual. So if we use that as a base line, and say radiation levels are either lower or equal to what they were on March 10th, or higher than they were on March 10th. That turns out to actually be useful info. So we started sketching out how a map showing that might look. The simple mock up on the upper left was the first concept art for that. There is no real data there, that is just a mock up image of an idea. White squares are unmapped, green squares represent that we’ve taken a reading that is the same or lower, black squares indicated readings with elevated levels. We’ve spent the last few weeks trying to figure out how to turn that into a reality.
safecastToday we launched the first version on our front page. It doesn’t do everything we want it to yet, but it’s a start. One of the main questions is what would that baseline be? That’s a difficult question because prior to this event there wasn’t a lot of data available. For now we’re using 35 CPM, that may change. We also want to allow you (the viewer) to change that and decide what you think the baseline should be. We also want to give you more data for each of those squares – how many elevated readings for example. We also want you to be able to zoom in and see a similar level of granularity along the way. But this is a first step and we’re really excited about the direction. We’d love to hear your feedback on it as well.
Another thing you may notice on the front page now is more attention to the drive maps and our new (and growing) static sensor network. These are going to be incredibly useful going forward for keeping track of levels and seeing changes.Safecast では当然のことながら、地図についてよく検討しています。実際、地図は私達の間で最もよく出る話題の一つでしょう。特にたくさんのデータが掲載された、理解しやすい地図について話し合っています。しかし理解しやすい以上に、役に立つものである必要があります。地図が何のデータを示しているかを理解することと、そのデータが何を意味するかを理解することは、まったく別の話です。私達は放射線マッピングについて話すとき、この点に何度も気づかされます。データを取得し地図上に集約することができても、「分かったけれども、それが何を意味するのか?私達は安全なのか?」と聞かれます。これは簡単に答えられる問いではありません。今月上旬に私達はこのことと、放射線がどれだけ怖いもので、地図上に赤いマークがあると見た人がパニックになってしまうといった話し合いをしました。パニックになるのは正しいことなのかもしれません。しかし単に放射線レベルに関するスペクトルを示す場合、一方に緑、他方に赤が使用されるのが一般的です。このような方法は情報を伝えるのに最適な方法ではないかもしれません。そこで私達は考え始めました。
grid放射線は目に見えず、ほとんどの人がその測定値や線量が何を意味するかさえよく知りません。私達はこれらをもっと人々が身近に感じる形で事実関係の中で理解できる方法を考え始めました。例えば天気、特に気温のことを考えてみましょう。あなたと私が昨日の天気がどうだったか知っていたとします。あなたが私に今日の天気はどうかを尋ね、私が今日の方が暑いよと答えた場合、あなたは私が何を意味したかすぐ分かるでしょう。もしこれと同じことを放射線についてもできたらどうでしょう?震災、津波、メルトダウンが起きる前の3月10日、放射線を心配する人はいませんでした。または少なくとも、通常以上のレベルになっていないかを心配する人はいませんでした。このためこの時を基準として、3月10日に比べ放射線レベルが同じまたは低いか、3月10日に比べ放射線レベルが高いかを、示してはどうだろう、と考えました。そしてこれが実際役に立つ情報だということが分かりました。このため私達は、このような情報を示した地図がどのように見えるかを大まかに作成してみました。左上の単純なモデル地図が、この考えを形にしてみた最初のコンセプト図です。ここには実際のデータは反映されておらず、単なるモデルです。白い四角はマッピングされていない部分、緑の四角は私達が測定した結果基準値と同じか低かった部分、黒い四角は測定値が基準値より高かった部分といった具合です。私達はこの数週間、これを実際の地図にしていくにはどうしたらいいかを検討してきました。
safecast私達は今日、この最初のバージョンをトップページに掲載しました。まだ望んでいる機能全てを備えていませんが、最初の一歩です。重要な問題の一つとして、「何を基準値にすべきか?」ということがあります。震災以前のデータがあまりないため、これは難しい問題です。現在のところ、基準値を35CPMとしていますが、これは変更される可能性もあります。私達は、皆さん(ウェブの閲覧者)自身でその基準値を変更することができるようにして、どこに基準値を置くべきかを各自で決められるようにしたいとも考えています。また、各四角についてより多くのデータを閲覧できるように(例えば基準値より高い測定値がいくつ見つかったかなど)したいと考えています。また地図を拡大しそれに合わせた粒度で情報が見られるようにもしたいと考えています。しかしこれが最初のマップであり、この方向性で進めていこうと意気込んでいます。皆さんからのご意見もお待ちしています。
もう一つトップページを見て気づいていただけるかと思うのは、ドライブマップについてのより詳細な説明と、私達の新しい(そして拡大中の)固定センサー(ガイガーカウンター)ネットワークです。これらは放射線レベルの経過を追い、変化を確認するのに非常に役立つことになると思います。