Measuring hot particles from air filters

[This is a guest written article, views expressed are the authors alone and may not be endorsed by Safecast]

In the last month we have received 22 vehicle air filters from safecasters.  These came from vehicles used primarily in Fukushima City, Tokyo, and Iwaki.  The Fukushima City filters had total radiation levels that averaged about 2.0 uSv/hour, while the Tokyo filters averaged 0.2 uSv/hour.  The filters are analyzed by gamma spectrometry. We found cesium-134, cesium-137, cobalt-60, and uranium and its decay products in the dusts trapped on these filters.  These dusts contain enough breathable radioactive particles that people need to use care in removing and handling used car filters from Northeastern Japan.  Our group is also looking to test school yard soils for hot particles, and edible seaweed for cesium and radioiodine uptake.  People interested in doing sampling should read the sampling guide. 

先月、セーフキャスティングを実施したメンバーから22点のエアフィルターが送られてきました。これらは主に、福島市、東京、いわき市で使用された車のエアフィルターです。福島市で使用された車のフィルターの放射線レベルは全体で平均毎時2.0マイクロシーベルトであった一方、東京で使用された車のフィルターは平均毎時0.2マイクロシーベルトでした。フィルターはガンマ分光法で分析されました。フィルターに集まった塵からは、セシウム134、セシウム137、コバルト60、ウランおよびその崩壊生成物が検出されました。東北で使用された車のフィルターを取り外し取り扱うには注意が必要な量の、呼吸で吸い込む可能性のある放射性粒子が、これらの塵には含まれています。私達のグループは、放射性粒子について校庭の土壌、またセシウムや放射性ヨウ素の取り込みについて食用の海藻も、検査しようと考えています。サンプル採取をしたいと思われる方は必ずこのサンプル採取ガイド(英語)を読んでください。