Geiger counters delivered to orphanages

Part of the goal of our successful Kickstarter campaign was to distribute geiger counters around Japan to help people get an idea of the radiation levels around their homes and neighborhoods, so when we received a request from two orphanages near the Fukushima exclusion zone we knew their were a perfect candidate. Fukushima Aiikuen (福島愛育園) and Souma Aiikuen (相馬愛育園)are two homes for children that are outside of the evacuation zone, but still close enough that it’s concerning and more info is needed. You can see the locations here to get a better idea. I’m delighted to announce that we were able to deliver 3 devices to them last week and they are now tracking the readings and sending the data back to us for our maps as well. Here are some photos:

5 月に成功を果たした Kickstarter キャンペーンの目標の一つは、日本各地にガイガーカウンターを配布し、一般の人達が自宅や近隣の放射線レベルを把握できるようにすることでした。このため、福島の警戒区域に近い児童養護施設 2 箇所から依頼された際には、申し分ない配布先であるとすぐに判断できました。福島愛育園と相馬愛育園は避難区域外にある子ども達の家です。避難区域外とはいえ原発に近い、影響が懸念されより多くの情報が必要とされる地域です。ここで 2 施設の場所を確認できます。先週、私達はこの 2 施設の皆さんに 3 台の測定器をお届けすることができました。現在両施設では放射線を測定し、私達の地図に追加できるようデータを送り返してくださっています。測定器をお届けした際の写真を以下に掲載します。