Cesium 134 and 137 in Tokyo rooftop dust

[This is a guest written article, views expressed are the authors alone and may not be endorsed by Safecast]

Gamma spectrum using WPI germanium detector

This is a gamma spectrum of dust wiped from a Tokyo rooftop.  The detector is located at Worcester Polytechnic Institute’s Physics Department.  The results are estimates because of the low weight of dust in the sample.  The test found 51 +/- 17 kBq/Kg cesium-134 and 30 +/- 10 kBq/Kg cesium-137.  This result is higher than for many soil samples around Greater Tokyo.  This is expected since dust samples are less diluted by existing nonradioactive soil material.  Not knowing the exact amount of surface area sampled, this measurement can not be directly compared to results given as Bq/square meter.
Almost all of the radioactivity in the sample is coming from cesium isotopes.  Just as you would avoid breathing in dusts that contained lead or asbestos, one should avoid breathing in dusts that contain this much radiocesium.  Parents are often advised to wash childrens’ hands to avoid ingesting lead in dust.  This is also a good practice around dusts that contain radiocesium.
WPI のゲルマニウム検出器を使用したガンマスペクトル

この画像は東京の建物の屋上で採取された塵のガンマスペクトルです。検出器はウースター工科大学(Worcester Polytechnic Institute、WPI )の物理学部にあるものです。塵のサンプルの重量が小さかったため、結果は推定値となります。検査の結果、キログラムあたり51 +/- 17キロベクレルのセシウム134と、キログラムあたり30 +/- 10キロベクレルのセシウム137が検出されました。この結果は首都圏周辺からの多くの土壌サンプルより高い値です。塵のサンプルは放射能汚染されていない土壌と混ざっていないため、割合が低くなっていないことを考えると、予測どおりの結果といえます。このサンプルがどのくらいの面積の表面から採取されたか正確な数字が分からないため、この数値は平方メートルあたりベクレルの単位で示された結果と直接比較することはできません。
サンプル内の放射能はほとんど全てがセシウム同位体からのものです。鉛やアスベストを含む塵を吸いこまないように気をつけるのと同様に、このような放射性セシウムを多く含む塵を吸いこまないようにする必要があります。保護者は塵に含まれる鉛の摂取を避けるために子どもの手を洗うよう促されることがよくありますが、これは放射性セシウムを含む塵についても望ましい習慣といえます。