Open Dialogue

From the start, we’ve known that a longer-form dialogue would be necessary for this site. We will be using this blog to help bring a bit of context to the site, what the data means and where it is going. We will have guest columns from nuclear experts in an effort to provide valuable analysis to the information.
To start, we wanted to offer a bit of background.
As we’ve watched the unfathomable footage of the tragedies in Japan unfold, we’ve recognized the critical role reliable information plays in helping people to understand and cope with what’s happened.
This site, and the idea behind it, started with fear. In the past week, the world has been inundated with various reports of radiation. Several government agencies were issuing conflicting reports regarding radiation levels in and around the Fukushima Daiichi plant.
Our hope in launching this site is that clear, reliable data can provide focus on the critical relief efforts needed in Japan. It is not, nor should it be considered, a replacement for official information. This site supplements information by providing several data feeds.
We’ve been working day and night to find and integrate new data sources that can help provide reliable data. For the time being, thankfully, it seems that levels are low enough that our friends in Japan can focus on recovery without worrying about increased radiation. In the event that the situation changes, our data will reflect those differences.
Since launching on Saturday, we have been inundated with support alongside thoughtful critique. We are thankful for both, and welcome an open dialogue for how to improve the data, functionality and reliability of the site.
In an effort to start that dialogue, we wanted to discuss some of the themes that have emerged.

Crowdsourcing

Though we’re extremely thankful for the individuals and media organizations who have helped spread the word about this site, we want to emphasize: We understand the sensitive nature of this data and are approaching it as such. Crowdsourcing, while an undoubted buzz word in the media, implies that unfiltered data is being pulled in and displayed as fact.
To help ensure the reliability of data, we will be introducing a flagging system to highlight suspicious readings.

Reliability of Data

Without question, this is a critical issue. We’re aware of it, and are working to make sure this site offers a responsible look at radiation levels. Since launching the site, we’ve been introduced to a number of organizations and individuals who want to help and we’re forming partnerships with nuclear experts to bring context to these important numbers.
We’re aware of the limitations in terms of required equipment, including well-calibrated radiation monitors used by knowledgeable individuals in a set location where background (normal) levels are known.
We understand the issues and are working closely with experts to close those as efficiently as possible. In the meantime, we have been working closely with organizations in Japan and abroad to provide new data feeds.

Mapping

We have had a number of suggestions regarding the mapping of this data. We are hoping to release new versions of maps soon – including average values over time, filters for different data streams, heat maps and data for areas outside of Japan. Though we don’t have an established timeline for these feature sets, they are in our plans.

Data

We have had several requests to provide data for use outside the site. Because of several of the issues above, we are working to produce a reliable data set before introducing an API for use beyond the site.
That said, a publicly available data feed is also being planned for the site.

Financial Aspects

We’ve been asked a number of times why we are doing this. In short, we are five individuals (alongside several partners outside our company) who want to help in whatever way we can. This turned very quickly from an idea to reality. We’re not being paid anything for our work.
All proceeds from our site links go 100% to charity organizations in Japan. We are not, nor do we intend to, seeking financial gain from this project, though we are actively investigating ways to make this a more sustainable endeavor for our company. We have each made independent donations to organizations, and encourage you to offer whatever you can to help the people affected by this crisis.
We will use this blog to continue dialogue in such a rapidly changing crisis — Including blog entries from guest writers. We welcome your thoughts on the site, the data, how to improve and, most importantly, how to help.当サイトを立ち上げた時点から、私達は当サイトについてより長期的な意見交換が必要だと考えてきました。私達はこのブログを通して、当サイトの背景、これらデータの意味、当サイトの今後について多少なりとも明らかしていく予定です。これらの情報に対する貴重な分析を提供できるよう、原子力専門家の寄稿によるコラムも掲載していきます。
初めに、当サイトの背景について少し説明します。
日本における計り知れない惨事が明らかになるのを目の当たりにし、私達は、何が起きたのかを人々が理解し対処するために、信頼性のあるデータが非常に重要な役割を果たすと考えました。
当サイトおよびその背景にある意図は、「懸念」に基づいています。この1週間、世界は放射能に関する様々なレポートで溢れかえりました。複数の政府機関が福島第一原子力発電所内およびその周辺における放射能レベルについて相反するレポートを発表しました。
私達は、明確で信頼性のあるデータを提供することにより、日本で必要とされている決定的に重要な救援活動に関係者が集中することが可能となるのではないかと考え、当サイトを立ち上げました。当サイトは、公的な情報に代わるものではなく、またそのように考えられるべきでもありません。当サイトは、情報を補完することを目的に複数のデータフィードを提供するものです。
私達は、信頼性のある新規情報源を探しこれらを統合するため、昼夜なしに作業してきました。ありがたいことに現在のところ、日本で活動する方々が放射能レベルの増加を心配することなく復旧作業に集中できる程度のレベルに抑えられているようです。状況が変化すれば、当サイトのデータもその変化を反映することになります。
土曜日の当サイト開始以来、当サイトへの思慮深い批評と共に支持の声が殺到しました。私達はこのどちらにも感謝しています。また、このサイトのデータ、機能性、信頼性を高める方法について開かれた意見交換を歓迎いたします。
意見交換を開始するため、すでに浮かび上がってきたテーマをいくつか取り上げたいと思います。

クラウドソーシング

当サイトについて広く伝えて下さった個人や報道機関の皆様に心から感謝いたします。一方で、次の点を強調したいと思います。私達は、これらが細心の注意を払うべきデータであることを理解しており、そのように扱っています。メディアでは「クラウドソーシング」はまさに話題の言葉ですが、これは選別されていないデータが取り込まれ事実として表示されることを意味します。
データの信頼性を確保するため、私達は疑わしい数値を判別できるようフラグ(旗)が表示されるシステムを導入する予定です。

データの信頼性

疑う余地もなく、これは非常に重要な課題です。私達もこのことを承知しており、当サイトが示す放射能レベルが信頼できるものとなるよう努力しています。当サイトの開始以来、私達は支援を申し出て下さるいくつかの組織および個人を紹介していただき、またこれらの重要な数字に意味を持たせるため原子力専門家との協力関係を築いています。
私達は、知識のある個人が基礎濃度(正常な濃度)の判明している設定地域において使用する、適切に較正された放射線モニターといった、必要とされる機材が限られていることを理解しています。
私達はこれらの問題を理解しており、なるべく効率的に解決を図るため専門家と密に連携しながら活動しています。その間にも、私達は新規のデータフィードを提供すべく、日本および日本国外の組織と密接に協力して活動してきました。

マッピング

これらデータのマッピングについて、いくつかの提案がありました。私達は、長期間における平均値、異なるデータストリームに対するフィルター、ヒートマップ(色付けで分布を示した地図)、日本国外の地域に関するデータを含む、新しいバージョンの地図を間もなく公開できればと考えています。これらの特性を持つ地図公開についてスケジュールは決められていませんが、今後の予定に含まれています。

データ

私達は、当サイト外でのデータの使用を数箇所から要請されています。しかし上記の問題から、サイト外でのデータ使用のためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を導入する前に、信頼性のあるデータを提供できるよう取り組んでいるところです。
とはいえ、当サイトでは誰もが入手できるデータフィードの提供も予定しています。

財政面

なぜ私達がこのような取り組みをしているのか何度か尋ねられました。簡単に説明しますと、私達はどのような方法であれ可能な限り力添えしたいと考える5人の個人(および私達の会社外部のいくつかのパートナー)です。この思いは、非常に短期間で実現につながりました。私達はこれらの取り組みを無償で行っています。
当サイト上のリンクにより得られる利益は全て日本の慈善団体に寄付されます。私達は当社がこの取り組みをより持続可能なものにするための方法を積極的に検討していますが、このプロジェクトによる金銭的利益は得ておらず、そのような意図もありません。私達は各自個人的に関係組織への寄付をさせていただきました。また、皆様にも今回の危機で被害に遭われた方々に対し、できる限りの助力を提供されるようお勧めいたします。
私達はこのブログを通し、急速に変化し続ける危機に関する意見交換を継続していきます。これにはゲストの寄稿によるブログ記事も含みます。また当サイトに関するご意見、データ、改善方法、そして最も重要なこととして、支援方法について、皆様からのご連絡をお待ちしています。